MENU
HISTORY / あゆみ
明治時代初期ころ、高井伊左右衛門が金沢市で豆腐店
「高井商会」を始める。
高井亀次郎が家業を引き継ぐ。
写真は豆腐作りを終えた後、「高井数学塾」の教壇にて。
1917
亀次郎の妹婿にあたる高井仁三郎と共同で「高井兄弟商会」を設立する。豆腐製造機械の開発に取り組み、日本初の大豆粉砕機「豆腐製造機転子」の製造・販売を始める。
1918
カタログによる通信販売を始め、全国各地に販路を拡大すると共に、機関紙「東洋一豆腐時報」を発行して豆腐業者に送付し始める。
1927
株式会社へ改組する。
1931
戦時中の業務中断を経て、社名を現在の「株式会社高井製作所」とし、豆腐製造機械メーカーとして再出発する。
1946
戦時中に中断していた機関紙を「とうふ新聞」と名称を改め、季刊で復活させると共に、「とうふ製造・虎の巻」というマニュアルを作成し、豆腐店を開業しようとする人への配布を始める。
1951
昭和天皇の天覧を賜る。
豆腐・豆乳製造機械の発明の功績が高く評価され、亀次郎が紫綬褒章を受章する。
1957
高井源雄が社長に就任する。
1960
本社と工場を野々市市(現在地)に移す。
1962
油揚用フライヤー「回転式油揚フライヤー」を開発する。
1965
中小企業庁から「中小企業合理化モデル工場」に指定される。
1966
型箱不要の「自動凝固成型機」を開発し、豆腐工場の無人化に成功する。
1970
連続式おから絞り機「フルマーク」を開発する。
1973
食品メーカーと「無臭豆乳飲料製造装置」を共同開発する。
1976
アメリカで豆腐ブームが起き、小型豆腐機械を数多く輸出する。
1977
豆腐を科学的に研究するため、社内に研究室を設置する。
1978
豆腐製造装置の自動化・無人化・マイコン化を推進する。
1984
中国に大型無臭豆乳飲料製造プラントを輸出する。
1986
本社工場を新築する。
1988
にがり凝固機のマルチカーディーを開発する。
1990
高井一哉が社長に就任する。
1994
スクリュウ式おから絞り機「シリウス」を開発する。
味の素様の酵素製剤の販売を開始する。
1995
アメリカの食品メーカーに豆腐用大型自動凝固成型機を納入する。
1997
マレーシアの飲料メーカーへ豆乳飲料製造装置を輸出する。
2000
ホット充填装置および連続煮沸装置を開発する。
2001
充填凝固検品装置の販売を開始する。
2002
連続ラインにて、絹ごし&木綿豆腐の兼用機種を開発する。
2004
絹ごし豆腐、木綿豆腐にて各5000丁/時間の大型連続ラインを納入する。
2005
連続ラインにて、絹生揚げ&生揚げの兼用機種を開発する。
2006
液中磨砕タイプの新型グラインダOECGユニットを開発する。
2007
高井東一郎が社長に就任する。
2009
ISO9001:2008の認証を取得する。
2010
新しい豆乳搾り装置「ミラクル8エイト」を開発する。
2011
サンクスカードの取り組みを始める。
2012
固定式バケット凝固機「ミラクルカーディ」の販売を開始する。
2014
環境整備の取り組みを始める。
2015
高井一哉が黄綬褒章を受章する。
2016
創業100周年をむかえる。
2017
株式会社 高井製作所
【本社・工場】
住所 〒921-8564 石川県野々市市稲荷1丁目1番地
TEL 076-248-1355 FAX 076-248-5457
【関東出張所】
住所 〒371-0816 群馬県前橋市上佐鳥町339番地2
TEL 027-289-6741 FAX 027-289-6742
MAIL info@takaitofu.com
株式会社 高井製作所
【本社・工場】
住所 〒921-8564 石川県野々市市稲荷1丁目1番地
TEL 076-248-1355 FAX 076-248-5457
【関東出張所】
住所 〒371-0816 群馬県前橋市上佐鳥町339番地2
TEL 027-289-6741 FAX 027-289-6742
MAIL info@takaitofu.com